|
|
|
|
|
|
|



安全:ただ人生と設備の安全でなくて、私たちがご提供している飼料製品安全も意味しています。それぞれの行動、それぞれのまなざし、すべての一切は、安全のことを前提としています。ただの一時ばかりでなく、始終安全のことを貫徹しています。これはわがCTCのオペレーティングモードです。最終的には、、私たちはこの世界で深く歓迎された飼料原料製品を成就した。

会社の歴史

* 2013年3月、青島市安全生産管理監督局の厳格検査に合格し、“生産安全は標準化する3級企業”証書と銘板を獲得しました。

* 2012年12月、莱西市開発区政府は弊社に“対外貿易輸出入に貢献賞”を授与しました。

* 2012年9月、会社は莱西市に“教師を尊敬し教育を重視する模範企業”とを評価されました

* 2012年8月、青島CTCは“中国輸出入検査検疫協会・ペットフード用品検査検疫分会会員”と認定されました
 

* 2011年10月28日、アメリカGMA-SAFEの厳格検査に合格して、GMA-SAFEの証書を取得した

* 201272-4日,国家质监总局进出口饲料检验检疫监管暨安全风险监控工作会议在大连召开,我司委派副总经理张虹女士作为山东省饲料企业代表参加了本次会议。

* 2011年12月3,二车间顺利开机,标志着我司的出口能力大幅度提升。

* 2011年10月28,顺利通过美国GMA-SAFE评审组的严格审查,取得GMA-SAFE证书。

* 2011年6月22日、吉林CTCが成立しました。1期プロジェクトにRMB1000万元投資して、敷地面積23808平方メートルです。主に生物活性飼料と発酵飼料を生産します

* 2010の年は、会社全体が中国品質保証中心の厳格審査に合格し、品質管理体系(HACCP)証書を獲得しました。2013の7月、青島CTCが中国品質協品質保証センタの審査を通してHACCP管理システムの要求に満足し、標準的で運行は有効だと確認されました



* 2009年6月19日、アメリカから直輸入のアルファルファ草の第一ロッドが工場に到着して、CIQ担当者が現場まで検疫しました


* 2009年4月7日、各部門の審査に合格し、輸出植物源性飼料企業として登録されました。番号は:3701SL001

* 2008年8月、弊社が青島検験検疫局の指導で、アオノリを研究開発して海藻飼料を作成して国外を輸出しました。これは国内初回アオノリ飼料輸出です

* 2006年9月、弊社は日本むけにパイナップルかすを初めて輸出しました。パイナップルからジュースを絞られたあとのカスを再利用して製品化にし、再び輸出により外貨獲得に開始しました。

* 2004年5月14日、青島CTCは創立しました。会社は“飼料業の緑色プラットフォームを作り、社会に貢献する”を会社の使命として、“挑戦、超越、協力”の方向で、研究開発し世界的最優秀の飼料サプライヤーを目指しています

* 2003年9月、青島CTCは初めてりんごカスペレットを日本むけに輸出しました。このような製品の輸出が我が国の第一回目です。同時に、りんごカス製品の標準の制定にも弊社が協力しました

* 2003年8月、CTCの技術指導で、青島ビール工場の乾燥ビール酒粕が日本への初回輸出を実現しました。これにより、乾燥ビールカスの海外への輸出が幕を開けました

* 2003年5月、CTC青島事務所は創立しました。その際、主に国際貿易をしていました。中国国内でいろいろな調査研究と実地調査をしまして、青島莱西市経済開発区を生産拠点と確定しました

 



為替レート TNT検索 飛行機 地図 自由貿易区関税検索 天気 鄭州商品取引所 大連商品取引所



青島CTC FEED有限会社@2013